歯科助手について

歯科助手とは、歯科医師や歯科衛生士のアシスタント業務を行う職業です。資格は必要ありません。患者様と先生との間の架け橋となる仕事です。
患者様思いの優しい性格の方のご応募お待ちしております 。

歯科助手の業務について

歯科助手の業務は主に以下の3つです。スタッフの希望および適正により以下の業務の何れかあるいは、いくつかの業務を掛け持ちしていただきます。

  • 受付業務
  • 診療補助業務
  • 医療事務

【受付業務】

来院した患者さんを「今日はどうされましたか?」とお迎え。初診の患者様には問診票をお渡しし、再診の患者様にには診察券をお預かりし保険証の確認をいたします。 

保険証のデータなどをレセコンと呼ばれているコンピューターに入力いたします 。

来院される方の年齢層は、3歳から80歳以上までと幅広く、それぞれが抱えているお悩みもさまざまです。表情やお話の内容から患者さんの状態をくみとり、リラックスして治療を受けられるようにお声がけしてください。治療終了後にはお会計と、次回来院の必要があれば予約のご案内をします。当院ではすべてPCにて管理しておりますので簡単なPC操作ができる方を歓迎いたします。

【診療補助業務】

患者さんに前掛けをかけたり、うがいのための紙コップを出してあげたり、口の中にたまった唾液をバキュームで吸い出したりといった、歯や口の中に直接触らないアシスタント業務を担当します。

治療中には医師に必要な器具を差し出し、スムーズな施術をサポートしてください。

器具の準備、片付け

診療が終わったら使用した器具を片付けます。また治療に使用したユニットと呼ばれる椅子の掃除も行います。バキュームクリーナーという液を吸わせて唾液を吸うバキュームの内部まで綺麗にしております

【医療事務業務】

医療事務業務は、実際患者様と顔を合わせないで事務室内において以下の業務を行います。

  • 患者様からの予約・変更の電話の対応
  • PCを利用して各種書類の作成(エクセル・ワードなど)
  • 歯科技工物発注業務
  • 診療において作成された書類の分類収納業務
  • シフト管理業務補助(専用ソフトを使用)
  • 給与計算(タイムカード集計)などの補助業務
  • レセプトコンピュータの各種設定業務

専門知識や資格は不要!

仕事の合間に治療器具の名前や専門用語について学び、できる業務を増やしていきましょう。

先輩の歯科助手や歯科衛生士が専門知識や仕事の進め方を教えてくれるので、未経験からスタートした歯科助手さんがほとんどです。

笑顔で患者様に接していただける方、大歓迎です!見学だけでも随時承っていますのでお気軽にお問い合わせください。