感染予防対策

きらら歯科の院内感染予防

きらら歯科では治療の設備や技術だけでなく、衛生面でも安心安全を追及しております。

患者さまのみでなく勤務するスタッフの安心・安全・最良を医院の理念に掲げ日々診療に従事しております。

肝炎・HIVなどの院内感染はとてもリスクの高いことです。

またそのようなハイリスクなウイルスだけでなく歯科の二大疾患である虫歯・歯周病も細菌による感染症なので感染対策はとても大切です。

つまり患者さんの口腔内に使われる器具機材はもちろんの事、型取りの際に使われる器具、診察後のユニット(イス)、他の患者さんがお口をゆすいだスピットンなど細部にわたり最新の感染予防対策が必要とされています。

きらら歯科では一般診療室においても外科手術室に準じた感染予防対策を実施していますので、安心して最良の診察を受けていただけます。

自分たち歯科医師・歯科衛生士が通院したくなるような院内感染予防へ取り組んでおります。

グローブの交換

たとえば、歯科医師の先生が素手で治療をしていたり、他の患者様の治療中に歯科医師の先生が手袋を交換しないで水で洗っただけで自分の治療に移動してきたらいかがでしょうか…?

自分自身が歯科医院に通院するときには、どんなに技術が高くて最新式の設備を整えていても、正しい滅菌体制が構築されていない歯科医院には通いたくないと思います。

タービンの滅菌

全てのタービンという、虫歯を削る際に使用する器具は個別にパックして滅菌しています

歯の治療に使用する「バー」「リーマー」などもすべて滅菌を行っております

歯の治療に使用する器具は200本以上揃えてすべて患者様ごとに滅菌したものを使用

診療用ユニットの触れる部分はシートを貼って汚染しないようにしてあります

滅菌とは

滅菌:すべての微生物を減殺または除去することをいいます。

消毒:対象物から多数の微生物を除去し感染のリスクがないレベルまで減らすこと。必ずしもすべての微生物を殺菌しているわけではありません。

洗浄:ほこりや汚れ、体液、有機物などをきれいに除去すること。

きらら歯科の滅菌の水準について7きらら歯科では滅菌を徹底し「感染させない」ための設備・薬剤での滅菌・消毒、またはそれを扱う人のための知識をマニュアル化して徹底しています。

また手袋の使い回しはもとより、超音波による洗浄や高圧蒸気による滅菌、滅菌パックによる個別包装など、器具から人へはもちろん、人から人への感染も予防しています。

歯科医師達・見学に来た他院の歯科衛生士も徹底した滅菌システム・高水準の材料に驚いている水準です。

診療に使用するトレー・紙コップ・エプロンなど使い捨てに出来るものは、すべて使い捨てにしています。

タービン・コントラアングル・ストレートハンドピースなど、患者様ごとに、すべて洗浄・滅菌を行っております。

超音波スケーラー(歯石を取り除く器具)も患者様ごとに本体・先端とも洗浄・滅菌を行っております。
洗浄は作業スタッフによりむらの出る手作業でなく、ミーレ社製のジェットウォッシャーを使用し高温で機械による消毒洗浄を行います。

基本器具(ミラー・ピンセット・エキスカ)以外にもプライヤーなどもすべて個別滅菌しています。
タービンなどの中空の機材の滅菌は、ヨーロッパ基準のクラスBオートクレーブを使用しております。

器具の洗浄は自動洗浄機を使用します

きらら歯科ではスタッフによってむらが出る可能性のある器具の手洗い洗浄は行っておりません。

全ての使用した器具は、一度ドイツ製のミーレジェットウォッシャーという自動洗浄機に入れ、高温と強い水流により洗浄を行います。高圧洗浄により今までは洗浄できなかった複雑な構造の器具も徹底的に洗浄し、最終工程では除菌も行っています。

機械が自動的に洗浄を行うので、優れた洗浄効果を得る事ができるだけでなく、洗浄効果を標準化する事が可能になります。さらに、洗浄に従事する人が手指を傷つけるといったリスクも大きく軽減されます。

ミーレ ジェットウォッシャー(熱水消毒器)
落ちにくい血液や唾液等のタンパク質汚れもしっかり洗浄
ミーレジェットウォッシャーは、消毒・滅菌の世界基準である「ISO15883」に規定された「93度+5分間」という条件をクリアした、歯科治療で使用した器具の洗浄・すすぎ・消毒・乾燥を自動的に行う熱水消毒器です。

感染の原因となる血液や唾液などのたんぱく質の汚れを落とすだけでなく、93℃の熱水ですすぎを行うため、高レベルな熱湯消毒が可能です。高い水圧と徹底した温度管理による洗浄で、感染リスクを軽減します。

たんぱく質をしっかり除去し、感染リスクを軽減
複雑な機器の外部だけでなく、内部もすっきり洗浄
高性能フィルターを通した清潔な空気で温風乾燥
【特徴1】高い水圧と徹底した温度管理
55℃以上の高温になると、感染の原因となる血液や唾液といったたんぱく質は凝固してしまいます。ミーレのジェットウォッシャーは、たんぱく質が凝固しないように、まず冷水から予備洗浄をおこない、高い水圧で確実にたんぱく質の汚れを落とします。そして、最後のすすぎで水温を93℃まで上昇させて5分間の消毒を行います。

【特徴2】第三者研究機関による裏付け
ミーレのジェットウォッシャーは洗浄・消毒・滅菌に関して、ISO15883で規定された消毒条件(93℃、5分間)を満たしています。また、第三者研究機関によって多数の微生物試験が行われており、高い消毒効果が認められています。

ミーレジェットウォッシャーによる洗浄後は、クラスBオートクレーブDACプロフェッショナルによる高圧蒸気滅菌を行います。

この「ミーレ」と「クラスB」の機器を組み合わせることで優れた洗浄滅菌システムを構築しております。

世界水準の滅菌器クラスBオートクレーブを導入しています
歯科治療では出血や唾液などの器具への付着は避けられません。そのため使用された器具の滅菌が必ず必要になります。

今でも多くの日本の歯科医院で使用されている滅菌装置は、蒸気を送り込み高圧状態を作り出し121℃で殺菌滅菌する重力置換オートクレーブというものです。

しかしヨーロッパ諸国を中心に世界基準と言われているのはクラスBと呼ばれる滅菌器です。

きらら歯科ではヨーロッパ基準のクラスB高圧蒸気滅菌機「DACプロフェッショナル」を2台所有しております。

個別に滅菌パックしたのち高圧蒸気滅菌を行います。

DACプロフェッショナルはクラスBオートクレーブといいプリオンなども含め死滅させます。クラスBオートクレーブとは、ヨーロッパの基準EN13060に準じたオートクレーブのことを表します。

このEN13060とは「あらゆる種類の滅菌物(固形、包装、多孔性、中空のある物)を完全に滅菌できる」ということを意味しております。

ハンドピースの滅菌

クラスNオートクレーブだと、タービンなどの中空の器具内部に残留空気が存在し高圧蒸気の浸透を邪魔してしまいます。しかしクラスBタイプのオートクレーブだと残留空気を抜き真空にしながら滅菌するため内部まで完全に滅菌することができます。

院内清掃はスタッフおよび専門の業者が行います
きらら歯科では院内の清掃は当院スタッフのみでなく、病院・医院・会社などのクリーニングを専門で行っている清掃業者に委託しております。
そのため常時院内清掃を行っております。

タービン・エンジン全て内部まで洗浄滅菌しています
2014年5月18日の読売新聞に「歯削る機器7割使い回し」という記事が載っていました。

心配された患者様もいらっしゃると思いますが、きらら歯科ではすべてのタービン・エンジン・バー・超音波スケーラーまで含め滅菌を行っております。

iCare という装置を使用して内部まで洗浄注油を行います

このようにタービンやコントラアングルという器具をセットします

ハンドピース内部の汚れを取る方法は内部までのクリーニングです。滅菌機だけでは内部の汚れを除去することはできません。

内部洗浄→滅菌の両方が必須となります。きらら歯科では内部まで洗浄滅菌を行っております。

洗浄を終わったものは全て滅菌パックを行います

高性能空気清浄機を設置

きらら歯科ではエアロサービス製の医院など専用の天井埋め込み型空気清浄器を完備しております。

毎分35m3の空気清浄能力を持つ、本格的な業務用空気清浄装置。市販の置き型空気清浄機の7~10倍の空気清浄能力があります。
天井埋込型ですから、場所を取らず、子供さんが触る心配もなく安全です。
性能の良い空気清浄装置であればあるほどメンテナンスが欠かせません。「エアロサービスパック」がセットされているのでつねに清潔です。

働く歯科スタッフも、通院される患者様も安心できる歯科医院を目指します。

歯科外来診療環境体制加算算定歯科医院です

以下の歯科外来診療体制加算をきらら歯科では届け出厚生労働省に認可されています。

歯科の外来診療においては、
①誤嚥などのおそれのある細小な根管治療器具などの歯科治療機材や、インレーやクラウン等の歯冠修復物が多用されていること
②処置にともない局所麻酔を行う事例が多いこと
③高齢社会の進展等にともない、全身状態の把握・管理が必要な患者に対する歯科診療の機会が増大していること
④偶発症リスクを高める観血的な処置を行う機会も多いこと
などの特性を有することを踏まえ、患者にとってより安全で安心できる歯科医療の環境整備をはかるため、以下の施設基準に適合するものとして届出した医療機関において算定する。

【施設基準】
(1) 医療安全対策にかかわる研修を修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること
(2) 歯科衛生士が1名以上配置されていること(非常勤であっても可)
(3) 緊急時の初期対応可能な医療機器(AED、酸素ボンベおよび酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター、救急蘇生セット、歯科用吸引装置)を設置していること
(4) 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるように、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること
(5) 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底するなど、十分な感染症対策を講じていること
(6) 感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること
(7) 歯科ユニットごとに、歯の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できるように、歯科用吸引装置等を設置していること
(8) 歯科診療にかかわる医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っていること

 

求人へのエントリー(応募)はこちら

求人採用/エントリー