あきる野市きらら歯科です。2017年9月4日より歯科衛生士佐藤麻理さんが入社しました。

歯科衛生士さんは、2016年4月以来の採用となり1年半ぶりの入社となり2017年10月1日よりもう1名の入社も決まっています。

最近当院で歯科衛生士さんを増員しているのは「治す治療」から「予防歯科」へシフトしていくためです。

従来予防歯科は保険診療で行うことが出来なかったのですが昨年の保険改定で「SPT2」として正式に歯周病のある患者様は保険でメインテナンスが可能になりました。

今回入社した佐藤さんのご紹介をさせていただきます。

佐藤麻里さんの紹介

歯科衛生士 佐藤 麻理さん

出身は八王子市です。日本医歯薬専門学校を卒業し、その後八王子市内の歯科医院で勤務し研鑽を積みました。

なぜ歯科衛生士になったのか?

もともと歯科助手をしていてずっと続けていきたいと思ったので歯科衛生士の資格をとりました。歯科医院に勤務しながら歯科衛生士学校の夜間部を卒業し、歯科助手時代から数えると早いものでもうすぐ10年くらいになります。

得意な処置はスケーリング

歯石とりの「スケーリング」の際には痛みがないように行っています。具体的には、超音波スケーラーを使用すると凍みそうな「前歯部」や「歯根が露出しているところ」などハンドスケーラーを使用します。そして患者様に「大丈夫ですか?」「痛かったら教えてください」などの声がけをしながらスケーリングを行っています。

なぜきらら歯科を選んだのか

きらら歯科を選んだのは、車で通勤できる歯科医院を探していたからと、勤務時間の融通が利くところがよかったため申し込みました。