歯科助手の1日

当院では歯科助手さんはシフト制で色々なお仕事があります。

9:50出勤

まずは「きらら歯科スタッフルーム」で仕事の白衣に着替えます。

白衣は全て医院から貸与されて、クリーニングも医院の費用で行ってもらえるので安心です。

(医院によっては白衣を購入することが求められたり、自分で洗濯しないといけないところもあるようです)

着替え終わったら、さっそく診療室へ行きタイムカードを打刻します。

10:00 タイムカードと挨拶

午前中の診療が始まります。

まずは先に出勤している歯科医師の先生・歯科衛生士さん・歯科助手さんに「おはようございます」の挨拶を全員に行います。はじめは少し緊張して声がでないかもしれませんが「挨拶」というのは人と人とのコミュニケーションでとても大切なことです。

挨拶の練習を毎日していることにより日常生活でも自然と挨拶が出来るようになってきます。

10:05 診療アシスト

歯科助手は診療行為は行いませんが、患者様とのコミュニケーションをとるとても大切なお仕事です。

待合室から患者様を誘導して診療用の椅子(歯科ユニットといいます)にご案内します。

ご案内したあとに世間話をしたり予備の問診をすることが歯科助手のお仕事です。

エプロンを患者様の胸元にかけ「滅菌の終わっている診療器具」をユニットに取り付けます。

先生に「患者様のお名前」と「予備問診」した内容を伝えます。

先生による診療を行います。

診療が終わった後、診療台の片付けも行います。ベテランになってくると診療後の説明を患者様に行うこともあります。

午前中だけで約10名の患者様の診療補助につきます。忙しいですがあっというまに午前中は終わってしまいます。

13:00 お昼休み

お昼休みはスタッフルームでゆっくりと食事をしたり昼寝をしたりとくつろぎます。

やる気のあるスタッフさんは歯科衛生士さんやベテランのスタッフに色々と教えてもらったりもしています。

14:00 ユニット清掃

昼休み明けには診療用ユニットの清掃を行います。

歯科用の診療用椅子は毎日メインテナンスが必要なんです。ご存知でしたか?

診療用の椅子やDRの座る椅子の掃除なども行います。

16:00 カルテの準備

午後の仕事は明日来院される患者様のカルテを準備します。

コンピューターで打ち出されたデータをもとにカルテを準備するのですが300枚以上のカルテを準備するため複数のスタッフで手分けをして用意します。

結構大変ですが大切な仕事です。

17:00 バーの整理

歯を削る際に使用する「バー」という器具の整理をします。

患者様に使用した後は、消毒洗浄滅菌という過程を行い綺麗にします。

その綺麗になったバーを治療用バーセットにしまっていきます。

18:00 帰宅

ほかのまだ働いているスタッフのかたに挨拶をして帰宅します。

求人へのエントリー(応募)はこちら

求人採用/エントリー